キャリア支援

   ホーム  >  キャリア支援 [ 卒業生の声 ]
 卒業生の声


NSさん(九州工業大学情報工学部:特進クラス)



 私は高校入学のときから大学進学を希望していて、そのため特進クラスに入りました。1、2年生の頃は具体的に行きたい大学は決まっていなかったのですが、推薦入試を受験したいと思っていたので英検準二級や数研二級などの資格を取りました。また、高い評定をもらえるように定期考査では常に学年1位を目指して勉強し、小テストや単語コンクールなどにも全力で取り組みました。2年生になってからは毎日数学の添削問題を解いたり、夏休みに特別授業を受けたり、週1回の古典の勉強会に参加したりしました。

 こういう小さなところで周りの人との勉強時間に差をつけることができたと思います。1、2年生のころから放課後や休日に学校で勉強していると、先生方はたくさん協力してくださいました。大学進学を目指している人は、それを周りに発信して自分の熱意を伝えたほうがよいと思います。

 

 

 



RKくん(九州工業大学工学部:普通科一般)

 学校の授業や定期テストでしっかり勉強していたら、入試の勉強では応用から始めることができるので、授業をしっかり聞いていて覚えることが大切です。得意教科や好きな教科から勉強を始めるとやりやすいと思います。私は数学が好きだったので数学から始めました。推薦入試で受験したいと考えていたので、数学検定二級を取ることがひっつの目標でした。そのために、先生からいただいた数研の過去問や対策プリントに一生懸命に取り組んだので、二年生のときに合格することができました。それから、数学がもっとわかるようになり、勉強が楽しくなりました。


 

 ホーム