福岡県立八幡中央高等学校

学校紹介

   ホーム  >  学校紹介 [ 新たな学びプロジェクト ]

福岡県立学校「新たな学びプロジェクト」

 

 現在、福岡県立学校では「新たな学びプロジェクト」が進められています。これは、「福岡県の子どもたちが、伝統と文化に立脚し、高い志や意欲を持つ自立した人間となるよう、アクティブ・ラーニングの普及を促進し、全県立学校で『アクティブ・ラーニング』の視点からの授業改善が行われること」を目標としています。

 ここでは、八幡中央高校における、課題の発見と解決に向けた「主体的・対話的で深い学び」(アクティブ・ラーニング)をご紹介します。

 

  

国語:『大鏡』、肝試しする藤原道長らの年齢や器の違いの描かれ方を、日本史の資料などと比較しながら読み解いています。

数学:円と直線の位置関係は交点からだけでなく中心からの距離からも解けることを、グループで教え合いながら学んでいます。

地歴・公民:世界史Aの授業です。『千夜一夜物語』が中国にも伝わっていたことを示す絵などを映し出しながら、イスラーム世界の広がりを学んでいます。

理科:80℃のお湯を入れた容器の空気を抜くと沸騰するという実験を通して、空気の圧力を下げると沸点が下がるという理論を実感として学んでいます。

保健:適応機制という心のしくみを学んで、適応機制を働かせずにすむイライラの解消法をグループで考えています。

芸術:ビジュアルデザインの授業です。生徒達は平面造形理論と色彩理論を学んだ後、季節のイメージを2本の直線と1本の曲線と配色で描き出しています。

英語:グループになって、好きな日本の料理を1つ決め、レシピを作り、ALTに英語で説明するという活動を行っています。

定時制・国語:お世話になった先生に「 手紙を出そう」という国語表現の授業です。メールに慣れた生徒達は、はじめ手紙の形式に則して文面を考えることに抵抗感もあったようですが、新鮮な緊張感と全員に返信が来たことで、手紙のよさを評価していました。

図書館活用学習:写真左は日本史Aです。幕末から明治初めの、自分が興味を持った人物を調べています。右は現代社会のディベート準備です。クラス全員が二派に分かれて資料を調べ、立論や反論をどう組み立てるか相談しています。

高大連携職員研修:本校の高大連携授業でお世話になっている九州国際大学のジェフ先生の授業を、教員が研修として受けました。Alligator River というゲームをしながら、日本人とアメリカ人の反応や意識の違いやアクティブラーニングの手法を楽しく学びました。


>>>ポスターのダウンロードはこちらから

 

>>>福岡県教育センター「新たな学びプロジェクト」のホームページへはこちらから

 ホーム
福岡県立八幡中央高等学校
〒806-0015福岡県北九州市八幡西区元城町1-1
Tel:093-681-2335  Fax:093-662-7556
© 2017 福岡県立八幡中央高等学校