創立百周年

 親善野球試合

 平成28年6月1日。

 この日、本校の創立100周年を記念し、同じく創立60周年を迎えた折尾高校と、桃園球場にて親善野球試合を行いました。

 ピッチャー青木校長、バッター奥永校長と、両校の校長先生による始球式でプレイボール。試合は、初回から折尾高校打撃陣の2連続長打で、折尾高校が先制。その後も着々と得点を重ねていきました。それに対し、中央高校は再三のチャンスに決定打が出ず、最終的に9ー0で折尾高校が勝利しました。

 負けてしまったのですから、選手たち、応援の生徒たちの心にきっと悔しさが残ったことでしょう。しかし、彼らの全力でプレイする姿、全員が一致団結して応援をする姿はとても気持ちの良いものでしたし、中央高校の新しい歴史の始まりを感じさせてくれました。

 

 

   

   

   

   

   

 ホーム